So-net無料ブログ作成
イラクを考える ブログトップ

イラク人医師の話を聞いて [イラクを考える]

前の記事で(情報として決して十分ではありませんが)アフガニスタンについて取り上げましたので、もう一つ日本が「参戦」しているイラクについて、聞いてきた話を書いておきます。6月の会でのことで、書きたいと思いながらのびのびになっていました。記憶が薄れているところもあるので、ノートを見ながら、メモとして記してみます。

お話ししてくださったのは、イラク人の若い医師であるシャキルさんです。シャキルさんはバグダッド生まれで30歳過ぎ。イラクの大学を卒業して医師になりましたが、義弟やおじが今回の戦争の犠牲となり、後述するように医師など知識人の暗殺が多発するなか、親族の勧めもあってヨルダンに行き、ヨルダンを経て日本に来られました。現在は日本の大学の医学部博士課程に在学中です。

ヨルダン滞在中にイラクの医療・人道支援NGOの事務所開設に尽力。日本では学業のかたわら、所属NGOの日本の支援団体の活動に積極的に関わっています。イラクと日本のかけ橋として、医師の視点からイラク情勢を報告する講演活動も精力的に行っておられます。

以前から何回か取り上げた「憲法9条・メッセージ・プロジェクト」の第8弾「イラクの現実を見て!」というブックレットにシャキルさんのお話は載っています。私はそれを読んでいたのですが、実際にお話を聞くとさらに臨場感があり、イラクの置かれているたいへんな現状が実感されました。

イラクの現実を見て

憲法9条・メッセージ・プロジェクトのHPです。HPからこのブックレットも購入できます。

・イラクの地図を示されました。北にトルコ、西にシリア、レバノン、東にイラン、南にクウェートに接しています。日本の自衛隊が派遣されたサマワはバグダッドの南300kmのところです。

・Why US decided to attack Iraq?
 Bush claimed the following
 1. Mass destruction weapon
 2. Relation with AlQaeida

*お話やスライドは英語でした(ボランティアの通訳付き)。とても流暢な英語でしたが、ネイティブではないせいでしょう。ネイティブスピーカーと比べるとずいぶん聞き取りやすかったです。

続きを読む



イラクを考える ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。