So-net無料ブログ作成
ペシャワール会 ブログトップ

伊藤和也さんのご冥福をお祈りします [ペシャワール会]

外勤と翻訳というダブルワーカーの生活は、私にとって予想以上にハードです。それにいくつかの夏の行事も重なり、PCとじっくり向かい合えない日々が続いていました。そろそろ通常の生活モードになってきたので、復帰しようと考えていました。「きのくにに入学できそう!(もちろん学校側がOKしてくださったらですが)」という楽しい話題から再開しようと思っていたのですが、こんな悲しい記事を書くことになるとは・・・本当に残念です。

メディアで大きく取り上げられていますので、みなさんの方が多く情報をお持ちかもしれませんが(なにぶん、私はネット以外、新聞・テレビは基本的に観ないので)、ペシャワール会で現地の農業計画を担当していた伊藤和也さんが、拉致・殺害されました。私は昨年入会のペシャワール会新人会員なのですが、この事件はたいへんショックで、昨日は勤務先にペシャワール会報を持っていって、仕事の休憩時間に伊藤さんの署名入りの文章を読んで無事を祈っていました。

昨年来、中村哲さんが何度も会報、講演、政治家への働きかけのなかで懸念していた「このままでは日本人ワーカーの安全が確保できない」という悲鳴にも似た訴えが、最悪のかたちで現実のものとなりました。旱魃、飢饉、外国軍による誤爆、何百万人もの難民、感染症の流行、子どもや弱者の死・・・アフガニスタンの人々のこころはもはや限界にきているのではないでしょうか。

詳しい情報やその分析についてはいくつものブログやニュースでされていますので、ここでは追悼の意を込めて、今年4月1日付けのペシャワール会報に載った伊藤和也さんのお名前のある記事を転載します。農業担当のワーカーの方4人の連名ですが、伊藤さんはその筆頭に載っていて、(学術論文などでは筆頭の方が実際に執筆されているケースがほとんどなので)伊藤さん自身の筆である可能性は高いと思います。

***************************************
2007年度・農業計画報告
風土・嗜好の制約に逆らわず
━悪戦苦闘のお茶、いよいよ製茶段階へ


長く厳しかった冬も過ぎ、皆さんも春爛漫の季節をエンジョイされていることと思います。農業計画も平成14年の春3月にスタートしてからちょうど丸6年経ちました。あっという間に過ぎたような感じがしています。農業計画全体の状況については次号に譲り、今回はいくつかの苦労話をお届けします。

芋の上にも三年
最初は現地で人気者になっている「サチュマイモ」成功の裏話です。

一年目は、日本から種芋に付けて持ち込んだ(らしい)黒斑病で苦くて食べられない芋が多く、二年目は、掘った芋のほとんどがコガネムシに囓られ、立ち上がり早々二年続きの大ショックを受けました。

続きを読む



自衛隊のアフガン派遣について中村哲医師の意見 [ペシャワール会]

京都のタウンミーティング訴訟について続き(一番言いたいこと)を書くつもりでしたが、なかなか時間が取れずにいるうちに、天木直人さんのブログでびっくりする記事を見つけてしまいました。下に転載します。

*************************************
規定路線になりつつある自衛隊のアフガン支援とその矛盾

  臨時国会が異例の8月に始まる理由は、来年1月に期限が切れる新テロ特措法に変わるあたらな支援法を、想定される野党の反対を押し切って自然成立させるためである。

  新しい支援法には、イラクやインド洋における対米支援策にとどまらず、あらたな自衛隊の活動が追加される。

  そして、その対象が、どうやらアフガンにおけるテロとの戦いに協力する事になりそうだ。

  そのアフガン支援策に関し、12日の東京新聞と産経新聞が、政府案なるものを報じていた。

  東京新聞はアフガン本土での陸自派遣による人的支援拡大が政府の視野に入っているという。

  しかしこれは危険を伴う。

  サマワと同様に安全なところを探して人道援助を繰り返すという愚を繰り返すのか。

  バクダッドと同様に空自が物資輸送を行なうのか。

  いずれにしても、それはまやかしであり憲法9条違反である事を、もはや国民は知っている。

  それよりもなによりも、今のアフガンはイラク以上に危険だ。どのような形にせよ、派遣される自衛隊員に犠牲者がでる可能性は、今までより高くなる。

  いくら米国に頼まれたからといって、あるいは対米従属の外務省に頼まれたからといって、福田首相にその政治決断できるだろうか。

  その一方で産経新聞は、インド洋にある米軍基地ディエゴガルシアと、オマーン、ジブチにある米国基地の三角地帯にP3C哨戒機を飛ばし、警戒監視飛行を行なう案が有力案として残ったと報じている。
  これだと不審船を発見した場合でも米国に通報するだけでよく、あとは多国籍軍が対処してくれるので安全だというのだ。

  考え方があまりにもお粗末ではないか。あまりにも矛盾しているではないか。

  それにしても、なぜ今アフガン協力なのか。

  この時期に自衛隊のアフガン支援を急ぐ政府や外務省、防衛省の対応は、あらゆる意味で無理がある。

  最終的にどのような協力に落ち着くのか、我々はこの眼でしっかり見届けなければならない。

***************************************
この件に関しては、一時情報が流れましたが続報がなかったので、実現はしないのではないかと楽観視していました。1983年からパキスタンで医療活動、用水路堀りなど民生支援を続けているペシャワール会の中村哲医師は、最新の会報で「自衛隊がアフガンに派遣されるようなことがあれば、邦人ワーカーの生命を守るために活動を一時停止する」と書いておられます。

中村医師は本来、どのような政治的な立場にも立たず、純粋に民間団体としてアフガニスタン支援を続けてきた方です。私の知る限り、83年以来、全活動を停止したことは一度もなかったと思います。そのペシャワール会が一時引き上げざるを得ないというのはたいへんな事態です。会報よりその部分を引用させていただきます。

****************************************
日本国内で議論が沸騰した「インド洋での後方支援=給油活動」は幸いほとんど現地で知られておらず、「最大の民生支援国」であることが政府・反政府を問わず、好感を持って迎えられていた。在日アフガン大使も、日本が(アフガンの国土に)兵力を送らぬことを望むと述べている。このことが私たちにとって大きな安全になっていたのは疑いがない。

しかし、6月になって「日本軍(Japanese Troop)派遣検討」の報が伝えられるや、身辺に危機を感じるようになった。余りに現状を知らぬ軽率な政治的判断だったと言わざるを得ない。日本が兵力を派遣すれば、わがPMS(ペシャワール会医療サービス)は邦人ワーカーの生命を守るために、活動を一時停止する。


続きを読む



ペシャワール会 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。