So-net無料ブログ作成
社会問題 ブログトップ

秋葉原の無差別殺人事件からの雑感 [社会問題]

いつもできるだけ穏やかな書き方を心がけているのですが、こういろいろと政治や日本に幻滅することが続くと自分の心まで荒れてくるのがわかります。今日はいろいろな意味で怒っています。

子どもや友人、縁のある人がこういうふうに殺害されたら私は悲しさと悔しさのあまり、正気ではいられないでしょう。しかし、冷静で分析的であるべき新聞が(いまやほとんど期待してはいませんが)、次のような記事を書きそのなかの政治家の言葉を読むと、「やはり、日本は日本でしかないなあ」と、わかっていてもためいきが出る。

無差別7人殺害 安全が足元で揺らいでいる (読売新聞)

 買い物客らでにぎわう日曜日の昼下がりの歩行者天国が、一瞬のうちに暗転した。

 派遣社員の25歳の男がトラックで人込みに突入した後、 短剣形の両刃ナイフで次々と切りつける。電気街で知られる東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件は、死者7人、 負傷者10人に上る惨事となった。

 犠牲になった人の中には、友人と映画を見に来た男子大学生がいる。 長男とパソコン関係の買い物に来た元歯科医もいた。家族を含め、誰がこんな事態になることを予測しただろうか。

 殺人容疑で逮捕された男は「人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった」 「世の中が嫌になった。生活に疲れた」などと供述しているという。まったく卑劣で身勝手な言い分だ。

 青森市出身の男は、中学までは成績もトップクラスで、有名進学校に進んだ。 いつの時点から、どんな理由で凶暴性を身につけていったのか。警察には動機や背景を徹底的に解明してほしい。

 今年3月、茨城県土浦市のJR荒川沖駅で8人を殺傷した24歳の男は 「誰でもよかった。人を殺したかった」「複数を殺せば死刑になれる」などと供述した。

 1月に東京・品川区で5人の通行人に切りつけた私立高校生について、 東京家裁は保護処分の決定の中で「他人を殺害するか自分を抹殺するほかないとの考えを抱くようになった」としている。

 他人を巻き込んで、自らの破滅願望を満たそうとする。若い世代に、 社会に適応できない、未熟な人間が増えているのだろうか。

 雑踏の中でいきなり凶器を振り回されれば、防ぎようがない。 荒川沖駅の事件が起きたのも日曜日だった。これでは、繁華街などの散策を楽しめない、と不安に思う人もいるだろう。

 社会の安全が、足元で揺らいでいる。福田首相も「社会的背景も含め、 対応策を考えてほしい」と泉国家公安委員長に指示した。家庭や学校に問題がないのか。早急に原因を探る必要がある。

 秋葉原事件の容疑者は、犯行の約7時間前に、携帯サイトの掲示板に 「秋葉原で人を殺します」などと書き込みをしていた。

 事前に発信元がわかれば、対応が可能な場合もあるだろう。

 現状は、 警察が裁判所の捜索差押許可状を取ってサイト管理者などに発信元を照会している。犯行予告があったら速やかに警察に通報され、 取り締まることができるような仕組みも検討課題だ。

**************************************

続きを読む



社会問題 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。