So-net無料ブログ作成

フィンランドの高校教育がわかる本 [学校と子ども]

青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記

青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記

  • 作者: 高橋 絵里香
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/16
  • メディア: 単行本

選挙や戦争の話題が続き、このところ教育について記事を書く余裕がありませんでした。選挙も終わり、お盆のため政治関連の動きも少なくなりました。疲れがたまっていた私の体調もかなり回復し(もともとあまり体力がないのです)、ようやく教育関連について書くことができます。

今日はフィンランドの高校教育を経験した若い女性の体験記の紹介です。とてもお勧めの本です。教育を重視しておられる2〜3のブログのコメントで書いたことがありますので、読んでくださる方のなかで重複してしまう人がいると思いますがお許しください。

フィンランドと言えば、日本の旧教育基本法(47年法)を参考にして教育改革を行い、少人数学級で競争的でなく協同して学ぶ方式を取り入れ、国際学力テスト(PISA)で1位の成績を収めています。教育基本法改正問題の時期から、ネットを中心に話題になっていました。

著者の高橋絵里香さんは北海道出身で1984年生まれ。小学生の時にムーミンの物語を読んでフィンランドに憧れ、小学校、中学校とその夢を暖め続けて高校で単身フィンランドに留学。ほとんど言葉がわからない状態からスタートして、クラスメートや先生方の暖かい支えを得て勉強を続け、フィンランド人と同じ難しい全国統一の卒業試験に合格しました。その後、彼女はフィンランドの大学入試にも合格し、生物学と地質学を専攻します。

この本を読みながら、私は何度も何度も「そうそう、これが本当の教育だよ!」と膝を打ちました。とにかく自由闊達で生徒のことを一人の人間として本当に尊重しているのです。高校はいちおう3年制ですが自分で決めて3年半や4年でも卒業できます、いくつかの必修科目以外では授業の選択の幅が広く、興味に合わせて深く学ぶことができます。

制服なし、ピアスや髪染め自由、先生のことを親しくなればなるほどファーストネームで呼んでいます。入学式のような堅苦しい式はなく校長のスピーチくらいです。日本のいわゆる管理教育とは正反対の自由な学校です。そして、生徒は伸びやかで優しいのです。

著者はかなり感受性の高い女の子のようで、日本の中学校では表面は周囲に合わせていましたが、心のなかではすごく苦しんでいました。その頃の様子について彼女は次のように書いています。

そんな先生たちに対して、私の不信感はどんどん募っていった。許されざることが黙認されるのは、きっとそれが私の知らなかった「現実」というものだからなのだろうと、すべてをあきらめるようになった。

 それ以来、私は何かに対して疑問を持つこともなくなった。自分が目立ったことをして、理由もなく笑われたり、目をつけられたりしないように、周囲に歩幅さえあわせようと必死になっていた。恐ろしいことに、自分を押し殺していることにも自覚がまるでなかった。(略)
 自分でも気づかないうちに、自分の髪の毛を抜く癖が出たり、原因不明の湿疹にも悩まされたりした。休日も、家にいる時間のほとんどを寝て過ごすようになったが、今思えば、そうすることでかろうじて自分の肉体と精神の安定を保とうとしていたのだろう・・・
」。

小学校の時からの夢だった「ムーミンの国に留学する」ということもあきらめそうになります。「「みんなとおんなじような高校に行けばいいや」と本気で思い始めたこともあった」そうです。そういう時、お父さんが励ましてくれ、長期休暇を利用してフィンランドに見学につれて行ってくれたりして、彼女はまた夢を取り戻します。

このあたりの描写は本当に切実で、絵里花さんの精神状態がどうなるか、ハラハラしながら読みました。

ところが、言葉が通じず人種も違うフィンランドで、絵里花さんは別人のように明るくなっていきます。心のこもった先生やクラスメートの接し方、学校全体に流れる自由で暖かい雰囲気のなかで彼女が癒され、自分を取り戻していく様子は感動ものです。
初日から4人のクラスメートが声をかけてくれ、毎日接するうちに親友同士になっていきます。先生方のサポートも素晴らしいです。初年度は言葉のハンディが少なくてすむように科目の取り方を工夫してくれたり、選択クラスの最初の授業では「エリカは、日本からはるばるフィンランドに、フィンランド語を勉強するために、ひとりで来たのです。本当に勇気がある!」と紹介してくれたりします。

クラスメートたちのオープンさや素直さには、おどろかされるものがあった。「わからないことがあったらなんでも相談してね」と言ってくれる友だちがすぐに何人もできるなど、最初から予想できたことではなかった。たどたどしくフィンランド語を話す私を急かすこともなく、真剣に耳を傾けてくれる彼女たちの目は、まっすぐ私を視界に収めていて、私の心のうちさえも見透かしてしまいそうだった。自分たちもまだ高校一年生で、わからないことや不安でいっぱいなはずなのに、私のことを気にかけてくれるような心の余裕はどこから出てくるのだろうかとただ不思議に思っていた。
 「フィンランド人はとっつきにくくてシャイだ」などと言ったのは誰だろう!みんなの表情が本物で、裏表のない本当の自分で接してくれているのが、私にはすぐにわかった・・・
」。

フィンランドの教育方針についても次のように書いています。「フィンランドの学校では、生徒をお互いに競わせるようなことはしなかった。試験の結果が出ても、先生は誰が一番良かったかなど口にせず、成績も相対評価ではなく、個人個人の学習の成果に与えられた。だから、ついていけない人がいれば、お互いに助けあうことができる環境になっていたのだ

そういう中で、絵里花さんは選択のクラスに招かれて日本についての話をしたり、クラスメートとバンドを組んでみんなの前で演奏したり楽しい学校生活を送っていきます。そのバンドの名前はJagaimo(じゃがいも)。絵里花さんが好きで他のメンバーも気に入ってくれた鬼束ちひろの「Rolli'n」という曲を演奏します。各パーツを耳コピーで楽譜から起こしたり、たいへんな頑張りでした。

学業の方に話を戻すと、こうした自由な学校生活のなかで、生徒たちが身につけるべき学力を担保しているのが、全国統一の卒業試験のようです。「フィンランド人にとってもむずかしい試験なのに、フィンランド語がろくにできないあなたにはムリだ」と私はフィンランドにくるまえ、何度も言われた」という、かなり難度の高いもののようです。
国語(フィンランド語・・外国人用の試験あり)、英語、数学が必修。選択でドイツ語があり、あとはレアーリと言って「語学以外のすべての教科が一つの試験にまとめられたもので、歴史、生物、地理、化学、物理、心理学、宗教または倫理学などが、それに含まれていた。一つの試験になっているとは言っても、それらの教科の問題すべてに答えなければならないわけではなく、好きな教科の問題に自由に八問以内で答えることになっていた。教科によって問題数もちがったが、自分の得意な2、3科目に絞って答えるのが一般的だ

この卒業試験についても感動的なエピソードがあります。試験には各学年で修めた成績も加算されるようですが、絵里花さんは言葉のハンディが強かった1年の初めには生物の成績が良くなくて、言葉の上達とともにその後は10段階で8という良い成績を取っています。

そのことについて・・・「・・・がっかりして生物の教室を出ようとすると、先生に呼びとめられた。なんだろうと思いながらそばに行くと、先生が私の成績表を見せながら話しはじめた。
「8がずっと並んでるけど、一コースの成績は5になっているよね。どうしてだか、説明できる?」 「それは一年生の頃に取ったコースだったから、まだ言葉が十分にできなかったことが影響しているんだと思う・・・」
一コースはタルヤ
(注:先生の名前です)の担当のコースを取ったため、この先生はそれについて知らなかった。それをきくと先生は、やっぱり、という顔をして話しを続けた。
「そうだと思った。だからエリカの生物の成績は、この5はなかったことにして、平均を8にしようと思ってるんだ」
「・・・えっ!本当!!」
「エリカのフィンランド語はこの四年間でずいぶん上達したけど、一年生の頃はフィンランドに移ってきたばかりで言葉ができなくて当然だったし、この5という成績を取るのでさえ大変だったと思うんだ。二コース目以降の8という成績が、一年目の成績が良くなかったのは言葉によるハンデのせいだったということを証明しているから、僕はこうするべきだと思うんだよ。そのたった一つの5で成績の平均点が下がってしまうのはフェアじゃないと思うからね」
 先生の思いがけない配慮に、なんとお礼を言っていいのかわからなかった。思えば、先生たちの柔軟で思いやりにあふれた考え方には、一年生の頃からずっと驚かされてばかりだった

そして、頑張って卒業試験をクリアした絵里花さんに、卒業証書授与式の日が来ます。この高校では優秀な成績を取った生徒が、それぞれの教科で表彰されるのですが、絵里花さんの椅子の上には、まず金色のバッジが置かれていました。
これ、なんだろう?」
「それは音楽のバッジだよ!毎年、卒業生の中からひとりだけ、特に音楽で優れていて、音楽の先生の催し物にも積極的に参加した人が表彰されるんだ」セシリアが教えてくれた。
「えっ、私が音楽で表彰されたの!?音楽をやっていた人は他にも何人もいたのに・・・」
「自分で作曲や作詞を手がけて発表したのは、エリカだけだったからね」セシリアが微笑んだ。
Jagaimoの演奏のときも勇気づけてくれたエサ
(注:先生の名前)が、私を選んでくれていた。

「それで、こっちの本はなんだろう」私の席の上には、分厚い植物図鑑も置いてあった。本を開いてみると、生物の先生からのメッセージが書かれた紙切れが見つかった。


『エリカへ、いつもうれしそうでがんばりやのお嬢さんへ。きっと将来の勉強にも役立つこの本を送ります 生物の先生より』

ということは、生物でも表彰されたのかなぁ?でも私、特別に成績よかったわけじゃなかったけど・・・」理解に苦しんでいると、ティーナが笑いながら言った。
「表彰されたから、賞品をもらったんでしょう。エリカは生物が好きで、選択のコースもがんばって全部取ったから、きっとその熱意が認められたんだと思うぁ」

卒業証書授与の時には校長先生から、こう紹介されます。「今年度最後の卒業生のエリカは、言葉がほとんどわからない状態でこの学校に入学し、本当にたくましく成長しました。語学力を上達させる努力を惜しまず、その成果が彼女が残した卒業試験の成績にも表れています。彼女の勇気と並々ならぬ努力を称えて、拍手を送ってあげてください」校長先生がそう言ったとたん、その風圧で体が浮かびそうなほどの大きな力づよい拍手が、校舎いっぱいにわきあがった。

**************************************
書き出すと止まらなくなり、たくさん引用してしまいましたが、教育に関心のある方、特に中学生までの子どもをお持ちの方、ぜひこの本を読んでみてください。ここには本物の教育があります!とても爽やかな読後感の残る良書です。

ただ、私が残念だったのは、日本人である絵里花さんが、日本の学校でつらく苦しいめに遭い、見ず知らずの異国で癒されて本来の自分らしさを開花させるというそのギャップです。彼女は「在るがままに在る自由」と表現しています。絵里花さんが、自分らしさを取り戻して本当に良かったのですが、翻って自分の国の若者を幸せにすることもできない、いまの日本の教育は何なのでしょう?もちろん個人差があり、日本の学校に適している生徒もいると思いますが、私はどちらかを選択できるものならば、自分の子どもにはフィンランドの高校のような教育を受けてもらいたい。切実にそう思います。

反対に明るい側面としては、私の大好きなきのくに子どもの村学園や、ごく最近インターネットで知った埼玉にある自由の森学園では、この本で読んだのとかなり似た教育方針が採られていて、子どもたちも生き生きしている様子であることです。日本ではこういう教育は自由教育と言って、限られた学校でしか行われていません(公立校でも各教科で工夫して、そういう精神で教育に携わっている先生はいらっしゃると思いますが、学校全体の方針としてという意味です)。こうした自由教育の学校に私は明るい未来を見たいです。

最後に、絵里花さんが卒業して数年後、母校が廃校の危機に見舞われたときの校長先生の言葉を挙げておきます。観光に力を入れたい市が、街の中心にある敷地を学校として使うのはもったいない、という理由で廃校を提案したというのです。
「その話がもちあがったのは、保護者のように私を見守ってくれたカルッキネン校長が、定年退職する直前だったが、
「もったいないとは、なんです!」と声をあげたのは、やはりカルッキネン先生だった。


「子どもたちは、未来の希望なのです。未来へはばたく若者たちをはぐくむ場所以上に、価値のあるものがあるでしょうか」先生は、五十年以上もの歴史を持つ学校を守るために、市民を説得し続けた。
そして学校は守られたのでした。


2007-08-14 12:33  nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 12

志村建世

よい本の、よい解説を読ませていただきました。本の実物も見てみますが、このブログ記事だけでも、日本とは違うタイプの教育が行われていることが、よくわかります。少子化と言いながら、ますます競争が激しくなる今の日本の教育は、やはりどこかで狂っていると思います。
by 志村建世 (2007-08-14 20:46) 

mai

いつもありがとうございます。志村さんのコメントに、いつも励まされています。教育も職業生活と同様に2極化が進んでいますね。小さな子どもの時から熱心でお金をかける家庭と、少子化で競争が緩くなった分、教育にはあまり関心がない家庭とで、早期から「教育格差」が生じているようです。すべての子どもに対して、必要な教育を保障する社会であってほしいと思います。また、私はこころの自由を大切にするフィンランドの教育に大いに賛同します。何物にもとらわれず自由に考える力をつけること・・・これは教育の大きな目標だと思っています。
by mai (2007-08-15 21:52) 

tamara

まいさん、暑中お見舞い申し上げます。ほんとに暑いですね〜。
この暑さの中でのこの素敵な本の紹介ありがとうございます。すがすがしい気持ちになりました。テレビを見ても新聞を見ても、腹が立つ暑苦しい話題ばかりで、この記事は久しぶりにほっとしましたよ。日本のことでないのが残念ですが・・。正直いって思い出したくもない日本の学校です。(生徒はかわいかったのですが。)日本の学校で何か理にかなったことをする、というのはいかに大変であったか、そして努力のかいなく何も変わらなかったことなど、今でもトラウマとなっています。教室の中だけがほっとする場で、生徒と一緒になって、日本の教育制度や社会について愚痴を言ったり、腹を立てたりしていました。日本では理想と思われることが、なぜ、全く実現しないのでしょうか。それがすごく淋しく悲しいことです。今はますますひどくなっているようで・・・。
フィンランドは私の大好きな国です。フィンランドであった人達、やさしく無口で控えめな感じの人が多かったです。また行きたいです。
by tamara (2007-08-16 14:38) 

mai

tamaraさん、こちらこそ暑中お見舞い申し上げます。埼玉でも猛暑だそうで、体調お変わりありませんか?私は暑さのなか、なぜか夏かぜを引いてしまって2〜3日、仕事に行く以外はおとなしくしていました。記事を気に入っていただけて、本当に嬉しいです。この記事を書きながら、tamaraさんのフィンランド旅行記を思い出していました☆>正直いって思い出したくもない日本の学校です。(生徒はかわいかったのですが。)日本の学校で何か理にかなったことをする、というのはいかに大変であったか、そして努力のかいなく何も変わらなかったことなど、今でもトラウマとなっています。やはりそういう面が強いのですね。日本人もフィンランド人も同じ人間同士のはずなのに、どうしてこうまで違うのでしょう??著者もフィンランドで別人のようにみるみる元気になりました。教育現場で若者にこんなにつらい思いをさせているなんて、大人の一人として、本当に申し訳なく恥ずかしいです。ところで、最後の方にちょっと書いた、飯能市にある自由の森学園をご存知ですか?先日ネットサーフィンしていて偶然見つけました。理念など読むと、かなり良い感じですが・・。もしご存知でしたらまた教えてください☆
by mai (2007-08-17 20:47) 

mai

tamaraさんに書き忘れです。元先生として、実際の授業の様子やカリキュラムに興味がおありではないでしょうか。私は感動的な卒業試験のあたりを多く引用してしまったのですが、本のなかでは1年目の章で詳しく書いてありますので、ぜひごらんくださいね。倫理学の時間の討論で「移民を受け入れるべきかどうか」について、いろいろな角度から先生もまじえてみんなで話し合う場面など、感動しました。日本もこういう、考える力を伸ばす教育をどんどんしてほしいです(現実はどうも反対の方向のようで(涙))。
by mai (2007-08-17 20:53) 

エリカ

はじめまして、maiさん。
「青い光が見えたから」を執筆しました、高橋絵里香と申します。今回、私の本を読んでくださり、またこのようにブログで取り上げていただいて、本当にありがとうございました。あまりに嬉しかったので、勝手にコメントを書かせていただいてます(笑)。他の記事もとても興味深く拝見させていただきましたが、本を通してmaiさんのような方とめぐり会うことができ、本の中のエリカ共々大変喜んでおります。maiさんのような大人の方が日本にいらっしゃることを知り、とても救われる思いです。今の世の中では自分の意見をはっきり言うこともなかなか難しいですが、どうかこれからも正しいと思う道を突きぬかれるよう応援しております。長々と失礼しました。
by エリカ (2007-09-19 18:27) 

mai

エリカさん、ありがとうございます。ちょっと以前の記事なので、他の読者の方からエリカさんからコメントいただいたことを教えていただいて、今日気づいた次第で、お返事遅くなって失礼しました(^_^;)

エリカさんからコメントいただいて、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・です。きっと「書いた意図とはズレてるぞー」と思われることも多いと思います。遠慮なくご指摘ください。

エリカさんの本には本当に感動しました!私のなかで、今年のベスト1かもしれません。フィンランドでエリカさんがみるみる元気になっていかれる様子がとても嬉しかったです。そして、同じ親としてお父さんの立派さに心打たれました。

これからもいろいろと教えてください☆本当にありがとうございました。
by mai (2007-09-24 01:23) 

mai

エリカさんへ追加です。
いま、ブログも拝見しました。写真も多くて、フィンランドの様子がとてもよくわかる素敵なブログですね。早速、「読んでいるブログ」に登録しました。これからも楽しみに読ませていただきます♪
by mai (2007-09-24 01:31) 

エリカ

maiさん、気に入っていただけたようで本当になによりです。ズレてるなんて、とんでもない!伝えたかったことが、ここまでしっかりと伝わるものなのか?!、と私の方が感動している次第です。本当にありがとうございます。
ブログも見てくださったとは嬉しい!本と比べるとずいぶんと軽い内容なのですが…(^^;)。本では、読者の方に「異国のお話」というレッテルを貼っていただきたくなく、あくまで身近で誰にでも起こりうることと考えていただくために、フィンランドの写真は極力載せないようにして読者さんご自身に想像していただくことにしました。でもやはりもっと写真が見たかったとのご感想も届いたので、ブログでその分を補おうというつもりです。時々のぞきにきてくださると大変うれしいです。
こちらこそ本当にありがとうございました。
by エリカ (2007-09-24 17:59) 

KATEK

「青い光が見えたから」はわたしもとってもおもしろく読みました。
元気が出る本ですよね。著者の写真も学年があがるたびに
変化していくのがとってもいいなと思いました。
日本の学校ではできないことだらけだけれど,こんな本を
生徒に紹介したり,自分がゆったり生きることで,生徒に
そのリズムを分けてあげることができるのではないかと思います。
もちろん現実は,ゆったりなんかしていられないけれど,
せめて授業でだけはゆったりした気持ちを生徒に味わってもらい
たいと思うのです。フランスの映画「ぼくの大好きな先生」(?)
も,目標の一つです。
by KATEK (2007-10-16 15:47) 

mai

KETEKさん、初めまして。コメント、どうもありがとうございます。就学前の幼児を持ち、いまの日本の教育ってちょっとヘン??と疑問や関心を持つようになった母です。エリカさんの「青い光が見えたから」と和歌山県橋本にある私立学校「きのくに子どもの国学園」の本は、落ち込んだ時の心の栄養剤です。KETEKさんは生徒さんを教える立場にいらっしゃるのでしょうか?

>こんな本を生徒に紹介したり,自分がゆったり生きることで,生徒に
そのリズムを分けてあげることができるのではないかと思います。
そういうふうに接してもらえる生徒さんはとっても幸せだと思います☆
「ぼくの大好きな先生」はまだ観たことがないので、機会をみつけて観てみますね。最近(遅まきながら)読んだなかでは、ケストナーの「飛ぶ教室」も良かったです。
これからもいろいろと情報交換してください。
by mai (2007-10-16 20:45) 

mai

KATEKさん。↑の記事でお名前を間違ってしまいました。このところ、同様なことが続き、みなさんに失礼しています。粗忽者ということで、どうかお許しください。。。
by mai (2007-10-17 23:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。